2013年10月21日

ラストシーン

ジェシーノーマン

過ぎてゆこうとする秋を想いながら懐かしい音楽に耳を傾けています。

想い返せばかつては忙しい仕事の合間を縫って度々コンサートに出かけたものです。その中でも特に印象に残っているのが三人の女性アーティストのラストシーンです。

まずはバイオリニストの諏訪内晶子。彼女がまだ20代の頃でしたが、ストラディヴァリウスの銘器「ドルフィン」でバッハを奏でる様はまさに清楚でしなやか。「アンコールはございません」のアナウンスでしたが、全身全霊の演奏でそれも納得のステージでした。

ジャズ好きな社長と同伴で聴いた秋吉敏子&ルータバキン・ビッグバンドはお洒落なラストでした。コンサートは秋吉さんのトークも交え、自然に体がスイングするような楽しいステージングで進行。アンコール3曲目の終わり近くにメンバーが一人ずつ去るという演出で最後秋吉さんとご主人のルータバキンさんのお二人だけでの演奏になり、まず秋吉さんがピアノを閉めてステージを去り、最後にご主人がサックスを奏でながら去って行く中で幕が下りるという心に残るエンディングでした。

コンサートパンフレット

そして姉と二人で福岡まで出かけたソプラノ歌手ジェシーノーマンのコンサートは全員総立ちのエンディングでした。勿論二千人収容のホールは超満員。アンコールの四曲目が終わりピアノのマークマーカムーがステージから去ると、ジェシーノーマンが弾き語りでアメージンググレースを静かに歌い始めました。すると会場は一斉に総立ち。ワンコーラスが終わると彼女のリクエストに応えて客席全員がハミング。まるで祈りのような厳かな空気がコンサートホールを包み込み大感動のラストシーンでした。

興奮冷めやらぬままホテルに帰った私と姉は、普段は殆どお酒が飲めないにもかかわらずワインで乾杯し夜遅くまで盛り上がったのでした。

豊かな時間は色褪せることなくいつまでも心の糧となり魂の慰藉となります。人生のラストシーンも桜の花のように美しく舞い散りたいと願っています。


posted by ハルカ at 17:34| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。