2015年05月01日

五月晴れの日に



ningyou2.jpg
中村信喬作の五月人形2体


街を往き交う人も待ち人も、そして乗り物の中でもスマホ・携帯電話を触っているのがこのところごく当たり前の光景です。一方視点を変えて自然に目を移せば、さわやかな薫風に鯉も踊り、青葉、若葉も美しい活力に満ち満ちています。五月晴れの空を見ながら上を向いて歩こう♪♪

昨日お客様からご注文の折に次のような有難いコメントを頂きました。「質問した内容に対し、いつも手書きのお手紙やお手入れ法等を同封いただき、大変きめ細やかな御社のサービスに感動して以来、御社の商品を愛用させていただいております。最近はお忙しくなられてITでの対応に変化されておられるようですが、これからも変わらず御社が消費者の気持ちに寄り添って対応いただける貴重な会社であり続けることを切に願い応援しております」と─。

お肌は心身肌トライアングルの関係で密接に相関し合っているという認識に立ち、お客様に寄り添った対応を社是として来た漢萌ですが、お客様への対応も一様にはいき難く、寄り添うことを良しと思われない方もおられ、お医者様でもない私たちに心の病、身体の病に深入りはできませんが、ただなるべく直筆で私どもなりのアドバイスを差し上げることができればと心掛けています。他社様のご様子はわかりませんが、当社の場合お客様カルテは今も昔ながらの手書きスタイルです。ご注文をいただいた際に特記事項があれば必ず記入していますので、お客様の名字を伺えばお名前も直ぐに思い浮かぶほどです。常日頃からお客様との距離がまるでお会いしている様な近さでありたいと願っていますが、1〜2年ご注文がないとお元気でいらっしゃるのかと心配したり、久々に浮気してましたとお声をかけていただくと安堵したりといつもお客様を身近に感じながら仕事をしています。


nichirin.jpg
当家玄関に飾った熊谷守一「日輪」


日差しが強い季節となり、毎日のように紫外線対策を呼びかける声がテレビやラジオから聞こえてきます。これも視点を変えれば有難いお日様からの恩恵ですから一日の始まりにはまず朝日を拝み大きく深呼吸いたしましょう。私たちの体も紫外線をお肌に浴びることによって骨を健康に保つ働きをもつビタミンDを作り出しています。日本古来の文化や知恵、四季折々の感謝の気持ちを込めた伝統行事など大切にしながら一日一日を素敵に過ごしましょう。お客様からのメッセージにホッと温かくなりました。





posted by ハルカ at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

玉音放送の記憶

tera写真.JPG

68年前の敗戦を思い返し、懐かしさと共に考えさせられるお盆休暇となりました。

当時私は広島県境の小さな村、久代村に集団疎開しお寺での寮生活を送っていました。
そこは敵機も飛んで来ない穏やかな山村で、村の人たちとともに田植えや麦踏み、炭焼きなどの貴重な生活体験をしました。
また不足する食料を補うために道端の酸い葉を吸ったり、イナゴなどの自然食材を糧とすることも覚えしました。

「8月6日広島全滅」の報せを聞くにつけ、家族を失った疎開児童もいるであろうことをおもんばかり、村の方達がお盆にかけて寮の子供達全員を各家庭に迎えて下さることになり、二人ずつで民家に宿泊しました。
お墓のお掃除をしたり、仏壇にお参りしたりと家族の一員として受け入れていただき、ちらし寿司やおはぎをお腹一杯食べさせてもらい大変うれしかったことを覚えています。

しかしお盆の15日のお昼時になるとその空気は一変、宿泊先の方たちとラジオの前に座り、かすかな玉音放送に耳を澄ましました。

しばらくすると殺気立った村の人々が日の丸のはちまきを締め竹槍を手に役場に終結しました。私たちは何が起きたのかよくわからないまま疎開先のお寺に帰り、本堂で先生から戦争に敗れたこと、広島が大空襲にあったことを聞かされ皆で泣きました。
先生は歴史の教科書、修身の教科書を出され、これらの本は今後無くなるであろうから、これからは一項ずつしっかりと勉強し、心に留めておくようにと言われ、戦争には負けたが日本人としての誇りを持ち、その心に恥じない生き方をしていってほしいと告げられました。

それからしばらくは、毎日午前中本堂に集まり、皆で「豊葦原(とよあしはら)の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂国(みずほのくに)は、是れ吾が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地(くに)なり」と唱えながらの授業が続けられました。

私たちは生き残った者の義務として戦後の時代を不屈の精神で生抜き、比類ない高度成長を成し遂げました。あの時の歴史・修身の教科書の教えは一見遠くへと過ぎ去ったかのように思えますが、その高貴な精神は是非とも後世へと語り継ぎたいものであると感じています。
posted by ハルカ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。