2017年01月30日

寒中初仕事


okazari.jpg

暖かで穏やかな初春を迎えましたが、寒に入るや大寒波に見舞われ広島市内でも久方振りに冬らしい23cmの積雪。雪の質も雪だるまに適していたのか、あちこちに雪だるまが出来て子供たちのはしゃぐ声もきかれました。一方、北海道や東北、日本海側の方々は嘗てないほどの大雪にお見舞い申し上げます。

漢萌では恒例の寒仕事にまさに取りかからんとするところでの急な冷え込みに身も心も一層引き締まる思いでした。ことに今年は全員で社長の遺してくれた美容料造りの細事を今一度心に刻み込むためにも、作業ひとつひとつのこだわりとその意味を再認識しながら仕事を進めました。

潤々、明、明潤、ローションと間断なく自然濾過を続け立春の頃には終わる予定です。今年は特に厳寒中の作業となり、ことのほか良い製品に仕上がりましたのでぜひ楽しみにお待ちいただけたらと思います

今年は酉年。私と経理さん二人が年女です。同じ年女でも一方は早寝早起き、私は夜更かし朝寝坊の横着鶏。共通しているところは二人ともちょこちょこよく食べよく働くことでしょうか。「とり」は「とりこむ」と言われ縁起の良い干支です。遅ればせながら本年も漢萌をよろしくお願いいたします。


追記 
写真は私の部屋に飾った小さな正月飾りです。干支の鶏の香合、裏干支の兎の鏡餅に水引の松を添え、左右に古布で作った羽子板と江戸独楽を飾りました。




posted by ハルカ at 15:44| Comment(0) | 漢萌歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。