2015年04月17日

「昭和シリーズ」新発売そのA


catalogue1.jpg


新商品の企画は一気に始動しはじめました。まず四つの製品に絞り、古いノートを調べて造ってきた経緯や製造工程を整理、また製造部門では蔵から持ち帰ったものを1ケースごとあるいは1本ごとに香り・色などの性状をチェックしながら仕分けの作業にかかり工場内はにわかに忙しく活気に満ちてきました。私はきっと良い製品になるであろうとうれしく胸が高鳴る思いでした。

一方、商品化に向けてネーミングやパッケージ・パンフレットの制作などにも着手しましたが、シリーズの表現計画に一苦労。まず昭和を念頭に置いたネーミングに何候補か上がりましたが、美しい日本語の響きが残したくて一字三音の「清(さやか)」「和(なごみ)」「麗(うらら)」「遥(はるか)」を織り込んだ名称に決まりとても気に入っています。続いてのパッケージデザインでは、創業当時工場周辺に広がっていたレンゲ畑に思い入れがあり、それをモチーフにしたものを色々考案してみましたがいま一つで、行き着くところシンプルが一番との判断から、それぞれのイメージカラーに50周年記念の目出度い金文字をあしらったデザインに仕上がりました。


packege.jpg


またパンフレットは、どこか懐かしい昭和のイメージを盛り込みたいとの思いから昭和のアルバムの1ページと考え想いを巡らせました。その結果、一つが表紙をアルバム調にしたもの、そしてもう一つが私の古い写真を一枚選び載せることにしました。

その写真は私が30代の頃のもので、当時、合コンならぬ合ハイ(合同ハイキング)の流行から広島郊外に仲間と飯ごう炊さんに出かけたときのワンショット。ネッカチーフをつけ、当時流行っていたコンビの靴も懐かしい思い出です。ネッカチーフはその後子供のお気に入りファッションとなり、自慢のマイカーでお洒落ドライバーを決め込む際の必需アイテムとなりました。


omoide1.jpg


喧々諤々の議論もありましたが、懐かしい思い出を振り返りながら進めた「昭和シリーズ」の道程はとても楽しく充実した時間でした。結果よければ全てよしと、皆様に喜んでいただける商品になればと念じているところです。








posted by ハルカ at 14:52| Comment(0) | 漢萌と私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

「昭和シリーズ」新発売その@


sakura.jpg
桜満開の平和公園


創立50周年記念商品「昭和シリーズ」が3月11日ようやく新発売にこぎつけ、その間5ヶ月近くもブログをお休みしてしまいました。

「昭和シリーズ」の商品化を進めて行く過程で昨年から今年にかけて昭和に焦点を当て主に次の五つの事柄から考えてみようと思い立ち思案を重ねてきました。

@漢萌が創立50周年の節目を迎えたことA今年が戦後70年の節目となることB最近、明治・大正・昭和の近現代史を通して日本人の「精神性」にスポットが当てられていることC弊社社長三戸唯裕は昭和元年(大正15年)1月にこの世に生を受け、戦前・戦中・戦後と生き抜いてきたことDNHKの朝の連続ドラマ「マッサン」を見ながら明治・大正・昭和と激動の時代を生き抜き、「ウイスキーづくり」に喜びと誇りを持って心血を注ぐ主人公の姿に漢萌の「美容料づくり」にも通じる世界を感じたことなど。


kura.jpg
墨象家「夏目暢子」先生の書を配した製品蔵


そもそも「昭和シリーズ」を立ち上げようと思ったのは、ふと感じるものがありスタッフたちと蔵に入り、昭和40年〜60年頃に作り続けた(半製品)を一つずつ丹念に再検査してみたことがきっかけです。その時私には蔵に眠ったままになっていた多くの半製品たちが皆うれしそうに出番を待っているかのように思えたのでした。そのことが私に不思議な活力を与え新しい商品を世に出そうという決心につながったのです。それは桜がまさに満開の昨年の春のことでした。

posted by ハルカ at 16:29| Comment(0) | 漢萌と私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。