2014年04月29日

紫根との出会い2

紫草クリーム.jpg

当帰・紫根の薬効に着目し独自の研究を重ねて初めて世に送りしたのが昭和48年7月。製品名「バイオレット」の誕生でした。次いで昭和52年11月には蜜蝋を加えず頭皮や髪にも使えるようオイル状に仕上げた「しなやか」を発売。そして昭和60年から立ち上げた王朝美容料シリーズ商品として67年11月にバイオレットに練りを加えチューブに充填した整肌膏「彩」をリリースしました。当時はバブル全盛期。女性のみならず男性にも大人気でゴルフやサーフィンなどのアウトドアスポーツの日焼け対策用アイテムとしても重宝されました。

また近年オーガニックコスメの普及活動を展開するアイシス様とのご縁によって復刻誕生した「紫草クリーム」は、バイオレット発売へと至る過程で確立した製法で造る和漢方の原典処方により近い製品。しっとりと輝く初代当時のテクスチュアを再現する技は熟練した当社の美容料職人ならではのものです。この「紫草クリーム」は先日東京新聞の「エコな一品」に紹介され大反響を頂いています。

手造りオイル石鹸.jpg

一方、洗顔アイテムとして平成20年に「しなやか」を配合したオイル石鹸を昔ながらの釜炊き製法を守る石鹸メーカー桶谷石鹸様とのコラボレーションによって商品化。「しなやか」の赤紫色が石鹸のアルカリによって淡い紫色に発色し、天然素材ならではの美しいマーブル模様が自然の妙を感じさせる手造りの逸品として高い評価を頂いています。

紫根染めは平安期から行われ、源氏物語の作者紫式部もムラサキを愛した女流作家として知られていますが、紫染めを学ぶことから始めた私も紫根への愛着はひとしお。いつも平安のロマンに思いを馳せながら丹念な製品造りを心掛けています。


posted by ハルカ at 00:46| Comment(0) | 漢萌と私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。